ロボットと共に

Life with Robot

C#とFelica(NFC)でSuicaを読み込んでみる

はじめに

  今回は、SuicaPASMOEdyなどに使われている非接触ICカードリーダーをC#で試して見たいと思います。

Felicaとは

  Felicaとは、Wikipediaさんいわく、「ソニーが開発した非接触型ICカード」ということでSONYさんが開発したものということですが、FelicaNFCは何が違うの?ということで、そこはSONYさんが解説してくれていました。NFCとFeliCaの関係ということで、SONYさんでは、「NFC-FとFeliCaは同じ無線通信技術であると同時に、FeliCaNFC-Fというオープン規格の上にカードOSを加えたものと表現することができる」とのことです。シンプルな話、Felicaは規格化されたプロトコルで、NFCFelicaなどが使える技術という解釈で良いのではないかと感じます。しかし、Felicaは日本では同じみですが、海外だと弱い感じですねw

Felicaリーダーデバイス

  次に、ICカードなどを読み込むためのFelicaリーダーはAmazonなどでも直ぐ3000円程度で入手できます。実は、このリーダーより安リーダーがあります。それは楽天Edyリーダーだと2000円程度で入手できます。噂だと楽天Edyリーダーなど廉価デバイスのRC-S360/Sは来年くらいには製造終了するとか!?

ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380

 

C#Felica(NFC)で読み込むに

 では、本題のC#FelicaSuicaなど読み込むには上記のFelicaリーダーデバイスを購入し、下記よりドライバーなどをインストーラします。

次に、C#Felicaを読む込むには、こちらのライブラリを利用する方法があります。

  1. SDK for NFC(商用利用の有料版 おそらく10万ちょいくらいかと...)
  2. SDK for NFC Starter Kit(開発・評価用の無償版)
  3. felicalib(有志によるBSDライセンスのライブラリ)

があります。どれが良いかといいますと、どれも変わらない気がします。

SDK for NFCfelicalibは、もともとはC++ベースでしたがC#のサンプルも展開されています。しかし、SDK for NFC Starter KitのC#サンプルはよくわからない...ということで有志がいい感じにまとめたライブラリ「NfcStarterKitWrap」があります。

NfcStarterKitWrapのC#サンプ

github.com

felicalibC#サンプル

github.com

C#Felica(NFC)でSuicaを読み込んでみる

 サンプルソースを参考に、SDK for NFC Starter Kitラッパーと有志の方が作成したfelicalibを活用して、それぞれ同じような感じでC#Suicaを読み込んでみたいと思います。今回はSuicaなどの領域であるシステムコード(0003)、乗降履歴情報であるサービスコード(090F)の情報を読み込むサンプルを作成してみました。これで残高などの履歴が20個分閲覧できます。
他のSuicaの情報を読み出したい方は、下記のサイバネ規格をご参照下さい。また、同じような感じでnanacoEdyなどもサービスコードとシステムコードを指定すればデータが取得できるはずです。

では、実際にコーディングしてみたサンプルソースが以下のものです。こちらは上記2つのgitよりライブラリを活用して作成したもので、参照追加で「FelicaLib」「NfcStarterKitWrap」を入れなければいけません。

最後に

 サンプルソースコードは、あくまでも参考としてご利用下さい。また、各種ライブラリのライセンスにも目を通して、ご利用下さい。
ご利用した方は、コメント頂けると個人的に励みになります。

C#[WPF]のUIコンポーネント&デザインまとめてみました

C#[WPF]でデザイン性やコントロールツールなど、いろいろなライブラリがあります。僕が調べて良いなと思ったものをまとめてみました。

デザインUIライブラリ

デザインUIライブラリとして、オススメしたいのは「Material Design In XAML Toolkit」「Modern UI for WPF」「Elysium」「MahApp」です。

Material Design In XAML Toolkit

最近、流行りのGoogleのマテリアルデザインが簡単に実装できるMITライセンスのライブラリです。

f:id:Mikan6:20170611013146p:plain

materialdesigninxaml.net

Modern UI for WPF

ちょっと前に流行っていたモダンデザイン、フラットデザインとも言うのかな?Ms-PLライセンスで利用できます。

f:id:Mikan6:20170611013131p:plain

github.com

Elysium

モダンデザイン系のライブラリです。MITライセンスで利用できます。

f:id:Mikan6:20170611013120p:plain

elysium.codeplex.com

MahApp

トロデザイン系で更に一昔前に流行っていものが使用できるMITライセンスのライブラリです。

f:id:Mikan6:20170611013139p:plain

MahApps.Metro Documentation

地図ライブラリ

地図ライブラリとしてオススメしたいのは、利用するときに有料となる「ArcGIS」、無料で使用できる「GMap.NET」です。

ArcGIS

Esri社が適用しているGISツールのライブラリです。C#JavascriptiOSAndroidなど開発キットは豊富で、ArcGISで提供されているような2地図はもちろん3D地図の表示機能、地図グラフィカル関連も利用できて、とてもいいです。

f:id:Mikan6:20170611013201p:plain

www.esrij.com

GMap.NET

GMap.NETは、製品に実装している企業も割りと多い、MITライセンスで利用しやすいライブラリです。地図提供元は、OpenStreetMapやGoogleMap、BingMap、ArcGISMapなどいろいろ選択できるが、あくまでも表示枠は実装してあるから、地図提供元ライセンスに準拠して使用して下さいというものです。GoogleやBingとちゃんと契約しないといけません。ちなみに数社にお問合せしたところ、契約すればGMap.NETで使用しても良いという企業と、そもそもダメという企業があるので会社にちゃんとお問合せしたほうが良いです。今現在では、そいうコメントを頂いていますが規約も年々変化があるので、こちらの利用する際は、地図提供元は常にチェックが必要です。

f:id:Mikan6:20170611013240p:plain

コントロールツール

コントロールツールライブラリとしては、無料版と有料版がある「Extended WPF Toolkit Live Explorer」、メニューUI「HamburgerMenu」「RadialMenu」がオススメです。

Extended WPF Toolkit Live Explorer

Microsoftが提供している基本コントロールツールで物足りない人は、こちらのMs-PLライセンスを利用してみてもいいかもしれません。

f:id:Mikan6:20170611013127p:plain

wpftoolkit.codeplex.com

 HamburgerMenu

普通のメニューに飽きてしまっあ人は、こちらのハンバーガーメニューコントロールがいいかもしれません。MITライセンスで利用できます。

f:id:Mikan6:20170611013134p:plain

github.com

RadialMenu

かっこいいラジアルメニューコントロールですが、なかなか使いどころが難しいツールかもしれません。ちょっとした右クリックのメニューをこちらに切換てもいいかもしれません。クリエイティブコモンズのライセンスみたいです。

f:id:Mikan6:20170611013135p:plain

github.com

最後に

サンプルソースコードは、あくまでも参考としてご利用下さい。また、各種ライブラリのライセンスにも目を通して、ご利用下さい。
ご利用した方は、コメント頂けると個人的に励みになります。

ロボットって売れているのか調べてみた件

ちょっと月曜の夜更かし風にタイトルで「ロボットって売れているのか調べてみた件」ということで、Amazonで販売されているものがどれくらい売れているのか僕的なチョイスで調べてみました。

Amazonで販売数を調べる方法

Amazonの販売数を調べる方法は、「Monozon」というツールがとても便利です。Monozonとは、モノレートの月間販売個数を表示する拡張ツールです。ここで注意としては、あくまでも推定販売数という位置づけの認識でいて下さい。拡張ツールはこちらよりDLください。

 ロボットって売れているか調べてみた件

今回調べてみたのは、「クラタス」「Robi」「Tapia」「BOCCO」「ロボホン」と所謂一般の方がロボットと思いそうなものをチョイスしました。

1.クラタス

 Amazon高額商品の1つとしても取り上げられ、1億2千万円+送料320円の水道橋重工製クラタス。Megabots社からロボットバトルの挑戦状が来たことも話題になっています。

調査した結果は、驚きの平均月間販売数1台と売れていますねw

レビューを見ると胡散臭そうな買いましたアピールであったり、本当に買ったそうな内容もありそうで、合っていそうな気もします...

クラタス スターターキット

クラタス スターターキット

 

 

f:id:Mikan6:20170518195354p:plain

 2.Robi

 ディアゴスティーニで理由名なロボットですねw

ディアゴスティーニで集めた際の送金額はおよそ14万円超えくらいですが、組み立て版で購入した場合は21万になるとのこと...

調査結果は、平均8台と割りと売れている気がします。

Robi(ロビ) 組立代行バージョン
 

 f:id:Mikan6:20170518200056p:plain

 3.Tapia

卵型のコミュニケーションロボットTapia。MJI社が“もしもロボットが友達だったら” 一緒に何ができるだろう。ということで開発したロボットです。月平均7台とこちらも割りと売れていますねw 

Tapia(タピア)

Tapia(タピア)

 

 

f:id:Mikan6:20170518200131p:plain

 4.BOCCO

 ユカイ工学から出ている 家族をつなげるロボットBOCCO。

調査結果から月平均27台と売れていますねw

ユカイ工学 BOCCO ボッコ

ユカイ工学 BOCCO ボッコ

 

 

f:id:Mikan6:20170518200137p:plain

 5.ロボホン

 シャープから出ている電話にもなるロボットのロボホン。逃げ恥で逃げ恥ダンスをしているロボットとして認識している方もいるでしょうw

調査結果は、平均月8台と頑張っている売り出しですねw
大企業の販売台数としてはビミョウ-かもしれませんね...

シャープ モバイル型ロボット電話 ロボホン SR-01M-W

シャープ モバイル型ロボット電話 ロボホン SR-01M-W

 

 f:id:Mikan6:20170518201611p:plain

 まとめ

ロボットって売れているか調べてみた件でお送りしましたが、個人的な見解としては、売れていると認識しています。爆発的でもまったくでもなくひっそりと売れているニッチな分野ですねw