読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロボットと共に

Life with Robot

C#でMicrosoft『Bing Text To Speech API』で音声合成を試してみる

FaceAPIに続いて、BingSpeechAPIのText To Speech、所謂音声合成を試してみました。
BingSpeechAPIの追加は、適当に追加でBingSpeechを検索したら、追加してAPIキーを取得します。

こちらのサンプルコードをそのまま使用して直ぐに動きました!!
サンプルコードはこちらをご覧ください。

github.com

TTSProgram.cs」上の80行目に"Your api key goes here"にキー1を入力したらサンプルTextの音声合成が作成されて、音声もスピーカーから出力されました。

下記を編集すると音声合成の内容や言語がからります。

  • 109行目「Text = "Hi, how are you doing?",」:音声合成内容
  • 112行目「Locale = "en-US",」:言語の選択
  • 115行目「VoiceName = "Microsoft Server Speech Text to Speech Voice (en-US, ZiraRUS)",」:話者の選択

Bing Text To Speech APIリファレンスを確認しながら編集ください。

"en-US"」を「"ja-JP"」にして、「"Microsoft Server Speech Text to Speech Voice (en-US, ZiraRUS)"」を「"Microsoft Server Speech Text to Speech Voice (ja-JP, Ayumi, Apollo)"」にすると日本語の女性バージョンで音声合成されます。また「Ayumi」の箇所を「Ichiro」にすると日本語の男性バーション音声合成されます。

 

最後に

サンプルソースコードは、あくまでも参考としてご利用下さい。また、各種ライブラリのライセンスにも目を通して、ご利用下さい。
ご利用した方は、コメント頂けると個人的に励みになります。