読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロボットと共に

Life with Robot

C#とドコモAPI「雑談対話API」を試してみる

今回はタイトル通りC#でドコモAPI「雑談対話API」を試してみたいと思います。
ドコモAPI「雑談対話API」は、NTTドコモdocomo Developer supportから提供されているAPIです。

提供さてれいるAPI

  • 雑談対話:自然な会話をします。
  • シナリオ対話:フローチャートに沿った流れのある対話をしてくれます。
  • 知識Q&A:今知りたいことにピンポイントで答えます。

利用方法

  1. 新規アカウント登録
  2. 使用したいAPI登録

詳しくはこちらから参考にして下さい。

dev.smt.docomo.ne.jp

実際に動かしてみた

以下は、動かしてみたサンプルコードです。

サンプルコード

実行結果

3回実行してみました。それぞれ違った正しい返答を返してくれていますが、適用感が強い返しで面白いです。雑談対話APIはなかなか面白そうですねw

1回目

{"utt":"あらこんにちは","yomi":"あらこんにちは","mode":"dialog","da":"0","context":"9thN6csXAcbqHXqNHgk6Ww"}

2回目

{"utt":"うっす","yomi":"うっす","mode":"dialog","da":"6","context":"WYdp5aFfsRUoHPMr15Yh6g"}

3回目

{"utt":"こんあり","yomi":"こんあり","mode":"dialog","da":"0","context":"TtEaB0tWxu--xp_x6OJBdw"}

商用利用に関して

APIの商用利用はこちらにまとまったものが記載されています。

割りと利用しても大丈夫な感じを受けましたが、実際に商用利用を考えている方は一度お問合せした方が無難ですねw

dev.smt.docomo.ne.jp

最後に

ドコモAPIは割りとすんなり利用できましたが、一部音声合成などは自分のスキル不足でよくわからなかったです...
あんまり情報ソースが少ないと感じました。特にC#でやっている方は見当たらなかったです。一番簡単そうな雑談対話APIでやってみましたが、動いてよかったです。 

サンプルソースコードは、あくまでも参考としてご利用下さい。また、各種ライブラリのライセンスにも目を通して、ご利用下さい。
ご利用した方は、コメント頂けると個人的に励みになります。