読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロボットと共に

Life with Robot

C#WPF「Dynamic Data Display」

Dynamic Data Display

DynamicDataDisplayは、動的なデータをインタラクティブに可視化するコントロールのです。線グラフ、バブルチャート、ヒートマップやその他の複雑な2Dプロットを作成することができます。Bing Mapsの緯度/経度の座標で、地理マップ上のデータを表示することもできます。


Dynamic Data Display - Home

 

私が気になるサンプルコード

1.AnimationSample

固定した軸に対して、新しいデータが追加され、古いデータがクリアされる。そのため、固定された軸の範囲内で、時系列データが動的にプロットされます。

f:id:Mikan6:20141213151338j:plain

 

2.SimulationSample

追加されたデータが、どんどん増えていく動的なプロットです。追加されたデータに合わせて軸の範囲も自動で調整してくれる私的にオススメな機能です。

f:id:Mikan6:20141213151341j:plain

3.CoastlineSampleApp

簡単に位置情報の緯度経度に対してプロット可能な機能もあります。

f:id:Mikan6:20141213151339j:plain

4.IsolineSampleApp

標高なども表すことができます。マウス位置の標高を取得し、その標高の高さの箇所を色で知らせます。

f:id:Mikan6:20141213151340j:plain

 

最近の地図上への付加情報(ヒートマップやハザードマップなど)が流行っている現代では重宝されるかもしれませんね!!

合わせて、動的なプロットが可能でなめらかなグラフが簡単に実現できます。

ライセンスもMS-RLということで、開発者にやさしいですね♪

一般的にC#といえばWindowsフォームで作成する形が一般的かもしれませんが、私の最近はWPFにハマっていますね♪

WPFXML形式でコントロールを配置やデザインができるので、デザイナーさんにも優しくプロトタイプが作りやすいと伺っています。

codeplex.comには、色々な機能が提供されていますので、面白そうな機能があれば、情報提供して頂けるとありがたいです。

みなさん、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか!!